自宅の照明をスマホで制御できる壁スイッチ「Link-S2」が入荷、人感センサー搭載 

2019年11月21日AKIBA PC Hotline!

 人感センサーやWi-Fiでの制御に対応した岩崎電気の壁スイッチ「Link-S2(LINK-SS01)」が愛三電機で販売中だ。同店では専用の埋込みボックス「LINK-B01」も販売されている。店頭価格(以下、税抜き表記)はLink-S2が13,700円、LINK-B01が1,260円。 

 
人感センサーやIoT基板を内蔵した壁スイッチ、設置には電気工事の資格が必要
 
 Link-S2は2つのアナログスイッチを備えたいわゆる壁スイッチ。人感センサーとIoT基板が内蔵されており、人が通過したときなどに自動的に照明を点灯させたり、Wi-Fi搭載デバイスで照明の操作をしたりできるのが特徴だ。 
 
 Wi-Fi機能については、スマートフォンやスマートスピーカーを使った電源ON/OFF操作が可能で、スマートフォンの専用アプリには「スケジュール設定」(指定時刻にON/OFFなど)や「連動設定」(複数スイッチの連動)などの機能が用意されている。 
 
 階段や通路などの照明スイッチとして使う際に「3路配線」をせずに済むのもメリット。アプリの連動設定で、Wi-Fi経由で複数のスイッチを連動させることができるため、例えば階段なら上階と下階のスイッチを線で繋ぐ必要が無い。 
 
 また、有償の機能として「みまもりサービス」が用意されている。人感センサーで人の有無を検知し、アプリに通知する機能で、高齢者や児童の見守りに利用できるという。 
 
 Wi-Fiの使用周波数帯は2.4GHz。本体の消費電力は2W以下。対応スマートスピーカーはAmazon Echo、Google Home、LINE Clova。 
 
 なお、電気工事の資格を持たない人はLink-S2の設置を行なってはならないので要注意。また、通常の壁スイッチと厚さが異なるため、埋込みボックス(鋼製ボックス)のLINK-B01は必須とのこと。