セコム、4~9月期営業利益 19%増え過去最高 

2019年11月08日日経新聞

  
セコムが8日発表した2019年4~9月期の連結決算は、営業利益が前年同期に比べ19%増の650億円だった。4~9月期として最高となった。トンネルや文化財に消火設備を設けて防災を請け負う事業で、採算の良い大型公共施設の受注が増えた。主力の警備事業では企業の防犯意識が高まっているうえ、高齢者の見守りなどの需要も広がり契約数が伸びた。

売上高は7%増の5037億円、純利益は3%減の433億円だった。前年同期に税負担が抑えられた反動が表れた。

20年3月期通期の業績は、売上高は前期比2%増の1兆380億円、純利益が10%減の830億円とする従来予想を据え置いた。損害保険事業も手がけており、台風の上陸が相次いだ影響などを見込んでいる。