孤独死で汚れた家財、処分しやすく 遺品整理業者に許可

2019年08月13日朝日新聞

  
 誰にもみとられずに最期を迎える「孤独死」。家具や衣類などのこされた家財を処分する際、遺品整理業者がごみとして回収・運搬することを認める動きが出ている。従来は専門の業者しか運べなかったが、分別から運搬まで一つの業者が行うことで、より迅速に処分できるようになる。

 福岡市は7月末、福岡県大野城市と宗像市に本社を置く遺品整理業者に許可を出した。2社は市内で月内にも、遺品整理に伴うごみの回収・運搬の作業を行う予定だ。市によると、遺品整理に限定してごみ回収・運搬の許可を出すのは、全国の政令指定市で初めてという。

 遺品整理は、孤独死した人の身辺の片付けを遺族などに代わって担う。遺族にのこすものを分別し、遺品の処分や部屋の清掃も行う。カーペットなどの燃えるごみ、ベッドやマットレスといった粗大ごみなどが出るが、遺体の体液によるにおいや汚れがつきものだ。

 処分する遺品は一般家庭からのごみとして扱われ、廃棄物処理法上、市町村が認めた業者しか回収・運搬ができない。そのため、従来は、家庭ごみの回収日に出したり、収集業者を予約したりして焼却場や埋め立て施設へ運んでいた。

 作業日が限定されるため、においが近隣にもれたり、遠方の遺族が回収日にごみ出しに来たりする例もあった。部屋の所有者や近隣住民、遺族の負担も重く、市は突発的に起こる遺品整理は既存の収集業者だけではカバーできないと考え、新たに許可を出すことにした。