千葉市、高齢者向けサービスの検索サイト開設 

2019年08月01日日経新聞

  
千葉市は高齢者の在宅生活を支えるため、ボランティアやNPO法人、民間企業などの生活支援や介護予防サービスを載せる専用サイトを公開した。家事援助や見守り支援、外出支援などのサービスをキーワードや住所などで検索できる。高齢者やその家族のほか、ケアマネジャーがサイト情報を活用してケアプラン作成に役立てられる。

サイト名は「千葉市の生活支援サイト」。地域のサロン活動や介護予防サービスと高齢者をつなぐ「生活支援コーディネーター」が直接訪問して収集した情報に基づき、計902のサービス情報をまとめた。「交流の場・通いの場」「家事援助」「外出支援」「日用品・食材・弁当の宅配サービス」「見守り・安否確認」「高齢者の身近な相談機関」の6項目に分けて紹介する。

利用者は項目のほか、キーワードや住所、地図上から検索して該当するサービスを簡単に検索できる。市地域包括ケア推進課は「高齢者が住み慣れた地域で暮らしていくために必要となる情報を、より迅速に届ける態勢を整えた」と説明する。