東急リバブル、IoT見守りサービスを用いた活動を開始

2019年03月29日マイナビニュース

  
東急リバブルは3月29日、ottaが提供するIoT見守りサービスの基地局として、サービス提供エリア内の店舗と社員に支給している約3200台のスマートフォンを活用した子供や高齢者の見守り活動を4月1日から開始すると発表した。otta 見守りサービスは、子供や高齢者の位置情報履歴をスマホアプリやメールを通じて保護者へ伝えるサービスとなる。

同サービスは、見守られる子供や高齢者が専用の端末を身につけて外出することで、その端末が発する電波を施設や店舗などの基地局および専用アプリをインストールしたスマートフォンでキャッチし、位置が記録され行動履歴を把握できる仕組みになっている。