双日、高齢者の在宅見守りサービス会社に出資

2020年06月12日日経新聞

  

双日は10日、高齢者の在宅見守りサービスを手掛けるあんしんサポート(福岡市)に出資したと発表した。同社が実施した第三者割当増資をソフト開発のマネージメントサービス(東京・千代田)と一緒に引き受けた。双日の出資額は数億円とみられる。高齢化が進む中、双日はオンライン診療などのサービスを拡充し、ヘルスケア分野でグローバル展開につなげる。

あんしんサポートはコンタクトセンターに看護師が常駐し、緊急通報機器や電話による対話を通じて単身高齢者の安否を確認。離れて住む家族に報告するなど24時間体制で見守る。1万人以上が利用している。

今後はマネージメントサービスと連携し、見守り機器の精度を高める。集まった顧客データを分析するシステムを構築し、家事代行や配食など総合的な生活支援サービスの展開を目指す。