NTTレゾナント、IoT電球を活用する見守りサービスで協業パートナーを募集

2020年02月05日ケータイWatch

  

 NTT1レゾナントは、IoT電球を活用する見守りサービス「goo of Thingsでんきゅう」の協業パートナーを募集する。

 goo of Thingsは、家族などの見守りサービスを提供するIoTサービス。goo of ThingsでんきゅうはIoT電球による見守りサービスで、goo of Thignsが提供するアビリティ(機能)のひとつ。専用のIoT電球を介して受信した電気のオンオフの情報をもとに異常を検知した場合は、goo of Thingsアプリに通知される。

 導入に係るコストが低く、LED電球のため維持コストも抑えられるほか、複数ユーザーの電球の情報を一括で確認できる管理画面も用意される。

 今回の協業パートナーの募集では、高齢単身者向けの事業を展開する事業者とシナジーを発揮できるとしており、そうしたパートナーと共に将来的な「生活者の見守り」サービスの発展を目指すという。

 NTTレゾナントでは具体的なパートナー例として、デイケアや訪問介護、高齢者に対応する保険商品を扱う事業者など高齢者向けのサービス事業者、高齢者や単身者の多い自治体、単身用物件を扱う不動産事業者、見守りサービスを展開する電気・ガス事業者などの事業者を挙げている。