乾電池だけでIoT化できる——見守り乾電池「MaBeeeモニタリングモデル」

2018年05月23日fabcross

ノバルスは2018年4月27日、乾電池を利用する製品をIoT化できる見守り乾電池「MaBeeeモニタリングモデル:単三型乾電池タイプ」(以下MaBeee M)の量産出荷開始を発表した。

「MaBeee M」は、乾電池としてセットするだけで、製品の利用状況をクラウド上で可視化できるIoTデバイスだ。新しいIoTセンサーなどの専用機器を購入しなくても乾電池を使用した製品をIoT化し、クラウドに接続できる。初期導入が安価、工事が不要でDIYによって利用できるという特徴がある。

クラウドと接続することで、通知、利用確認、乾電池残量検知などが実現できる。通知機能では、ひとり暮らしの高齢者の見守りやお子様の帰宅通知(テレビリモコン、ラジオ、センサーライト)、残量検知(ハンドディスペンサー)、回数チェック(トイレ)、セキュリティ対策(スマートロック、ガーデンセンサーライト)、防災対策(ガス警報器、火災報知器)が行える。

利用確認機能では、ヘルスケアおよびフィットネス機器、勤怠管理などが可能だ。乾電池残量検知機能では、乾電池の電池残量を一覧化し、設備機器の維持メンテナンスや、シルバー世帯の見守りなど様々な活用シーンが想定できる。

同社によると、ビーコン連動や利用データを連動させる頻度の変更など、個別ニーズに応じたカスタマイズにも対応していくという。




また、乾電池で駆動する製品に装着するだけで利用状況のモニタリングができる、MaBeeeに内蔵されている「IoTモジュール」も販売する。IoT製品開発に関するリソースが揃っていない企業でも、この製品とノバルスのサポートを利用することで、出力制御機能、各種センシング、電池残量モニタリング等を備えたIoT製品の開発が可能になる。