九電、高齢者施設でIoT見守り

2018年06月14日日刊工業新聞

 【福岡】九州電力はIoT(モノのインターネット)技術を使った見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」の高齢者福祉施設での実証を始めた。新サービスの有用性の検証が目的。

 高齢者の位置を施設職員が確認することや高齢者が施設から無断で出て行くことの防止をテーマとする。同サービスを展開するotta(福岡市中央区)との共同案件。ビーコン(小型発信機)を組み込んだ専用端末を高齢者が身に付ける。福岡市早良区の施設利用者20人程度が協力し、7月末までを予定している。