湯船に浮かべて風呂上がりの最適なタイミングを知らせる「fuuron」--博報堂が開発

2018年05月17日CNET Japan

  
 博報堂は5月16日、利用者の嗜好と体調に合わせてお風呂を出る最適なタイミングを通知するIoTロボット「fuuron(フーロン)」を開発したと発表した。

 fuuronは、湯船に浮かべて使用する。内蔵する温度センサとタイマーセンサが湯の温度と入浴時間を計測し、湯温が高過ぎたり低過ぎると内蔵のLEDが点灯。お風呂を出る時間になると点滅して知らせてくれる。開発には、お風呂研究の第一人者である東京都市大学の早坂信哉教授が監修している。

 利用者の嗜好と体調に合わせた複数のモードを搭載している。「美肌モード」を設定した場合、長湯による肌からのセラミド流出などを防ぐ適切な湯温と入浴時間を通知するほか、「花粉症モード」「ダイエットモード」などが利用できる。

 また、高齢者を中心とした入浴事故を防ぐための「見守り機能」も備えている。ロボットを長時間湯船に浮かべた状態が続くと、高齢者の異変を認知し、遠隔の近親者のスマートフォンに警告が送信される仕組み。入浴した実際の温度や時間のデータをログとしてスマートフォンで管理でき、毎日の健康管理に役立てることも可能だ。

 なお、fuuronによって得られた入浴のログデータは、東京都市大学、東海大学がクラウド上で収集。同社では、収集したデータを両大学と協働して入浴実態を解析し、より良い入浴環境についての情報発信に繋げていくという。